「か」の歯科用語

仮歯

もし仮歯を入れないと、不都合なことが多くあります。

 

仮歯を入れる意義は次のようなものが考えられます。

1.歯の移動を防ぐ
歯を削ると、周囲と歯のあいだに隙間ができ、ピタリと並んで支えあっていた歯が動き始めます。
仮歯がないと、歯がないスペースに両隣の歯が倒れ込んできたり、相対する歯が伸びてきたりするため、型をとった時点とは歯の位置が変化してきます。

歯の移動は、意外と短時間でも起こるもので、周囲の歯が倒れたり出っ張ったりすると、できあがったかぶせ物が入らなくなったりして治療を妨げます。仮歯があれば、そういった歯の移動を防ぎ、歯並びや噛み合わせの調和を保つことができます。

2.さらなるむし歯を防ぐ
歯の表面のエナメル質はむし歯にならないような抵抗性がありますが、その内側にある象牙質はむし歯に対する抵抗性があまり強くありません。そのため、エナメル質を削った状態で長期間治療が続く場合に、仮歯がないと治療中の歯の内側に唾液といっしょにバイ菌が入り、新たにむし歯になってしまいます。仮歯は、治療中の歯にむし歯ができるのを防ぐことができます。

3.歯がしみるのを防ぐ
エナメル質を削って歯の治療をすると象牙質が露出します。
象牙質が露出すると歯の神経に直接刺激が伝わってしまうので、しみる状態や痛みが生じます。

仮歯は神経のある歯をさまざまな刺激(とくに温冷熱刺激)から保護し、歯がしみたりするのを防ぎます。
また、削った表面が汚れて、新たな炎症の原因になってはたいへんです。
つまり、仮歯はエナメル質の役目も担い、歯質を守ってくれるのです。

4.歯ぐきの変化を防ぐ
歯を大きく削ると、いままで歯にどかされていた歯ぐきが、削った分の空いたスペースに広がり、おおいかぶさってきます。かぶせ物を入れるときの邪魔にならたにように、また余分に広がった歯ぐきがこすれて炎症を起こしたり、汚れが溜まりやすくならないように仮歯を入れます。

5.グラグラの歯を固定できる
噛むたびにグラつく歯がある場合などに、何本か仮歯で歯をつなげて歯の固定を行うことができます。歯のグラつきを固定することで、安定した噛み合わせの治療や歯周病治療を行うことができます。

6.見た目が変わらない
とくに前歯の治療中、歯がないと口もとの印象が悪くなってしまいます。治療の途中でも患者さんの印象があまり変わらないように仮歯を入れます。

7.食事がいつもどおりできる
治療中、食べることに支障が出ないようにするために、仮歯を入れます。例えば、奥歯の治療中に仮歯がないと奥歯で噛むことができません。また、食べたものがたくさん詰まったりします。極端に引っ付くもの(ガムなど)や硬いものは噛めませんが、ふつうの食事なら通常どおりできます。

8.見た目がよく、しかもいつもどおりおしゃべりできる
前歯の治療中に仮歯がないと、見た目が悪くなります。しかも歯のないところから息がもれて発音しづらくなります。仮歯があれば見かけも悪くなく、いつもどおりおしゃべりすることができます。

PAGETOP
Copyright © 千葉県千葉市のインプラント治療[吉川歯科医院] All Rights Reserved.