「こ」の歯科用語

コンポジットレジン

白い詰め物が出現したのは1940年代でした。メチルメタクリレート(MMA)系即時重合型レジンが用いられ ていたが、歯質の充填材料としては充分な性質を具備しておらず、特に合成樹脂であるレジンの熱膨張係数の大きさや強度の不十分さが問題となっていた。そこ で、レジンの中に無機質のフィラーを配合することによって問題の解決を図った複合材料であるコンポジットレジンが誕生した。 当初はレジンとフィラーが化学的な結合を持っていなかったために、フィラーの脱落等による磨耗や色素沈着が見られた。しかし1962年に米国の R.L.Bowenがシランカップリング処理によりフィラーとレジンの化学的な結合を実現させ、1964年には世界初のコンポジットレジン製品 Addent35が米国3M社より発売された。またコンポジットレジン修復法の治療法としての定着には、1955年のM.G.Buonocoreによるエ ナメル質のエッチングによる歯質接着性の改善も大きな役割を負っている。

日本においては東京医科歯科大学の総山孝雄先生らのトータルエッチ ング・ボンディング法が提唱されたことによっても研究開発、臨床応用が盛んになり、アマルガム修復法からコンポジットレジン修復法に治療の主軸が替わって 行きました。これによってG.V.Blackによる窩洞形態の分類は過去のものになりつつあります。

 

個人トレー

コロナルリーケージ

直訳すると「歯冠側の漏洩」であり、歯内療法が終了した歯の歯冠側から何らかの原因で口腔内細菌やその産生物が根管内を再汚染することをさす。

漏洩が起こる原因としては

(1)歯内療法期間中の不確実な仮封

(2)根管封鎖の不備

(3)支台築造・補綴・修復における境界面の不適合や結合の緩み

 

などが挙げられる。

 

コロナルリーケージを防止するためには、歯内療法を始める前にう蝕部分は完全に除去し、歯内療法中においては根管内を十分に清掃し、仮封材は適切な厚みとし安定した位置に設置する、また、歯内療法終了後は速やかに支台築造を行い、速やかに歯冠修復を行う、支台築造体や補綴物は適合の高いものとする、といった点に留意すべきである。

 

PAGETOP
Copyright © 千葉県千葉市のインプラント治療[吉川歯科医院] All Rights Reserved.