「そ」の歯科用語

即時重合レジン

仮歯を作る材料である即時重合レジンは、最も使用頻度の高い歯科材料の一つである。そのため、多忙な チェアサイドにおいて、その特性が暫間補綴物の完成 度を大きく左右する。

一般にクラウン(被せもの)を装着する前には、スペースの維 持や支台歯の保護のため暫間補綴物が必要となる。

特にプロビジョナルレストレーションは最終補綴物 の機能を可能な限り模倣するため、印象採得を行い、 間接法で作製する。

しかし、初期の段階では暫間補綴物(いわゆるテンポ ラリークラウン)が必要になるため、チェアサイドにお いて短時間で患者さんの要求に応えられる必要がある。

ソケットリフト

 

PAGETOP
Copyright © 千葉県千葉市のインプラント治療[吉川歯科医院] All Rights Reserved.