ラバーダム防湿

歯の中を触り神経の処置(根管治療と言います)をする時にするゴムのマスクをラバーダムと言います。
ラバーダムは、治療中に根管内に細菌が進入するのを防ぐために非常に重要です。
お口の中は100%唾液で満たされているので、もしラバーダムなしで根管治療したならば、唾液が根管の中に侵入し治療している意味がなくなります。
根管治療の目的は歯の中を無菌的にすることですので………..。

また、根管治療の際に使用する薬液から粘膜を保護したり、リーマー、ファイルの誤飲・誤嚥防止にも役立ちます。根管治療では次亜塩素酸ナトリウムを使用しますので薬液が口腔にもれると大変です。
そのような理由からラバーダムは根管治療の成功率に多くの影響を与えることは想像できます。

研究では次のデータがあります。
ラバーダム(ゴムのマスク)を使用した場合: 約90%(初回治療時)
ラバーダム(ゴムのマスク)を使用しない場合: 約50%以下(初回治療時)
日本では歯科医師がラバーダムをしないために初めて、歯の中の歯髄を除去する治療の成功率が半分以下になるということで、何のために治療をしているのか解りません。
日本では使用されないラバーダム。最大の理由は、「根管治療の保険点数が低すぎるから」だと思われます。
日本の根管治療の保険点数はアメリカの約7分の1と非常に低く、普通に治療を行えばほぼ間違いなく赤字になります。

b0190560_1049677

そのため、本来は大学でも使用するべきだと教わっているはずのラバーダムを省略する医院が大多数を占め、また、周りの歯科医院もしていないから、ラバーをしても成功率に差は無いと思っているから、ラバーを嫌がる患者さんが多いからなどの理由で、ラバーダムを使用していない歯科医院が多いのではないかと思います。私たちの医院ではすべての患者様に使用しています。

« 歯内療法(根管治療)はこちら

PAGETOP
Copyright © 千葉県千葉市のインプラント治療[吉川歯科医院] All Rights Reserved.