生物学的幅径を侵害しているケース

Leica Picture

こちらの患者さまは他の医院で前歯のいわゆる差し歯を最近入れたそうです。クラウンが何回も脱離し悩んでいたそうですが、 仮着けのまま様子を見ていたそうです。歯科医師に歯周病だと言われレーザーをあてる治療を行っていたそうですがネットを調べて私どもの医院に来院されました。
仮着のクラウンを外してみるとこんな具合でした。深く削りすぎでクラウンが歯肉を圧迫しています。

b0190560_1763295

歯と歯肉の付着を術者が侵害して、歯肉の炎症(歯周病)を起こしているのが観察されます。
オペをして骨を削り歯肉を下げなければなりませんので大変なことです。

歯冠延長術した後にオールセラミックスクラウンを装着したところです。
精度、適合の良い治療なのでもう差し歯は脱落しませんのでご安心下さい。

PAGETOP
Copyright © 千葉県千葉市のインプラント治療[吉川歯科医院] All Rights Reserved.