治療した歯はどの位もつのでしょうか?

« インプラント関連記事一覧はこちら

ピエゾエレクトリックサージェリー・CGF・スプリットクレスト・GBRを使った症例

治療した歯はどの位もつのでしょうか? 良く患者さんに聞かれる質問ですが、色々のケースがありまして難しい質問です。

間違いないことは、歯科医師が手を出して治療した歯は、何もなしで治療をしないで美しく保っている歯よりも壊れやすいという事実です。そのような理由で予防は最大の治療法になります。

残念なことに18年前に当医院で私が患者さんに装着したブリッジが虫歯になり、再来院致しました。

こんな時は、何故今までメインテナンスのために来院して下さらなかったのか、悔いが残ります。上顎、犬歯を含むコーナーのブリッジなので18年も良く機能したとも言えますが残念です。

kurai_01

kurai_02

« インプラント関連記事一覧はこちら


PAGETOP
Copyright © 千葉市稲毛海岸駅の歯周病・インプラント治療 [吉川歯科医院] All Rights Reserved.