インプラント

« インプラント関連コンテンツはコチラ

歯科用インプラントとは

永久歯が2度生えればよいのに・・・』と思ってことはありませんか?永久歯がなくなってしまった時に、今までは、取り外しができる義歯や隣の歯を削って欠損している部位を補うブリッジが一般的に使われていました。
今日では、インプラント治療がかなり一般的になってまいりました。世界で初めてインプラント治療は、スウェーデンのPIブローネマルク先生によって1965年に行われ、その患者さんのインプラントは現在も全く問題なく機能しているそうです。
欧米では、すでに確立した安全な術式として、多くの患者さん、歯科医師に支持されています。

安心安全で快適な手術環境

インプラント手術を行う場合、多くの患者様は不安をもつようですが心配はご無用です。
局所麻酔で全く痛みを感じないで手術をすることが出来ます。
また、日本歯科大学の麻酔科の先生の協力で全身管理を徹底し「静脈内鎮静法」を行うことで、気分が落ち着き、うたた寝をしながら手術を行うことができます。
また、手術は完全な滅菌、消毒のレベルが必要です。

ご自身の歯が何故失われたのかを知ること

なぜ歯が失われたのかを知ることが最も大切です。
虫歯なのか、歯周病なのか、かみ合わせが問題なのか、あるいは過去に行われた治療の質が悪いのかをご自身で知ってもらうことが大切です。
原因が解れば、壊れないようにすれば良いので、結果も必ず良くなるはずです。

インプラント治療のメリットは?

入れ歯のようにガタつくことがなくなります

取り外し式の入れ歯のように異物感やガタつきがなくなり、自分の歯と同じような機能、感覚を取り戻すことができます。

食事が美味しくなります

噛む感覚が自分の歯のようになりますので食べ物や飲み物がとても美味しくなります。

発音が良くなります

入れ歯のように動いたりすることがないので、発音や発声がもとのように戻ります。

CGF(自身の血液から骨を作ることができる機械)

イタリアSilfradent社のMedifugeです。痛くなく怖くなく上顎の骨を増やせる方法が開発されました。
その方法とはピエゾサージェリーの器械とCGF(Concentrated Growth Factor)の組み合わせです。
韓国のSohn Dong-Seok先生の開発して超音波のチップで上顎洞のシュナイダー膜を破かずに挙上出来、ご自身の血液を濃縮したゼリー状のものをその空間に入れることでそこに骨を作ることが出来ます。

PAGETOP
Copyright © 千葉県千葉市のインプラント治療[吉川歯科医院] All Rights Reserved.