歯内療法・根管治療

« 歯内療法(根管治療)はこちら

歯内療法・根管治療とは

虫歯を放置すると、しまいには歯を抜かなければならなくなります。このようにならないために歯の中に存在する歯髄(神経・血管)を除去してその空洞を緊密に充填して歯を残すようにする治療法を歯内療法・根管治療と言います。

日本式根管治療の弊害

日本人の歯は80歳で9本しか残っていません。
根管治療の失敗が多く歯がなくなってしまう。
このようなことが起こる理由は日本式の根管治療にあります。
日本式の根管治療は歯の中に細菌を入れてそのまま蓋をしてしまう治療だからです。次の論文にこのようなことが書いてあり、私は衝撃を受けました。日歯内療誌 32(1):1~10,2011

b0190560_644569

右のグラフは東京医科歯科大学虫歯外来で調査した根管治療における根尖部X線透過像の発現率です。(失敗率を表わしている)
歯の歯髄(神経・血管)を除去した患者さまが東京医科歯科大学のむし歯外来に来院しレントゲン写真を取り、その時に根の先に病気が見つかった発現率、治療が失敗した割合を表しています。
東京医科歯科大学の須田教授の論文からの引用です。
わが国における歯内療法の現状と課題という論文ではこのように書いてあります。

2010年7月、その前年における保険請求回数の全国集計が政府統計の総合窓口(e-stat)で公表された。

そこに掲げられたデータから推計すると、2009年の1年間で行われた永久歯の抜髄(神経・血管を除去すること)・感染根管治療(抜髄処置が失敗して歯の根に細菌の感染があること)の総数は1,350万例以上にのぼる。
無菌的処置の原則を遵守した場合でさえも、抜髄および感染根管の成功率は、それぞれ90%前後および80%前後と報告されているので、一般臨床現場では根管処置後の経過不良例がきわめて多数存在しているに違いない。

さらにわれわれの調査では、根管処置が施された歯にはきわめて高率に根尖部X線透過像が発現していることが見出された。

(上の図)
上の図が意味していることは、根の治療は3割~5割しか成功していない。
たとえていうとイチローの打率みたいなものです。
7割から5割失敗するということです。
わが国の歯科医師が行う根の治療が半分以上失敗だとしたら皆様どのように思われますか?

須田教授はこのように仰っています。
日本の歯科医師が歯内療法を行う環境は困難を極めてている。保険診療における歯内療法の低評価は誰でもが認める事実であり、米国の一般開業歯科医による根管処置料金の中央値(2007)は、わが国の社会保険診療報酬の7倍以上である。
また、日本歯科医学会が2005年に発表したタイムスタディー調査結果から算出すると、大臼歯の根管処置において、審査から根管充填までの合計所要時間は2時間以上である。

解り易く言うと、日本では根管治療は不採算部門なので成功率が3割~5割であり、時間がかけられず無菌的な処置が行われていないことが根管治療が失敗する理由です。
日本式根管治療がこのような成功率で半分が失敗するということなので、私たちはマイクロスコープを使用した米国式根管治療をお勧め致します。

米国式根管治療と日本式根管治療の違い

日本式保険診療 米国式自由診療
マイクロスコープ なし 使用
1回の診療時間 30分 1時間〜1時間30分
通院回数 数回 少ない
無菌的処置 不可能 必須
ラバーダム なし 必須
土台作りでの感染 あり なし
成功率 50%以下 90%以上
  • 1)日本では無菌的処置をしない治療が行われている
  • ラバーダム防湿と呼ばれるゴムのマスクは歯に細菌を入れないためには必須の器具にも拘らず、日本では常に使っているという歯科医師は僅か5%程度です。
    保険診療ではコストと時間がかけられないことが原因です。
  • 2)マイクロスコープを使わない日本式治療
  • アメリカの歯内療法専門医ではマイクロスコープの設置義務がありますが、日本ではマイクロスコープの普及率が3%程度です。
    人はどんなに頑張っても、0.1mmの距離を見分けることが厳しいのです。これで仕事をしたら裸眼での神業レベルの仕事が誰でも出来るようになるのです。
    時間も数倍かかるので日本では使われない。
  • 3)根管治療の費用
  • 15d2430c35524fc07b4a7bd2b53c9b271
  • 上のグラフをご覧下さい。日本での根管治療と海外のものを比較したものです。先進国と比べると異常な点数、値段に設定されているのが解ります。
    フィリピン、マレーシアと比較しても安すぎることが解ります。
    先進国である日本が何故、こんなに安い費用を設定されているのでしょうか?その理由は国が介入していることが原因しています。私達のような医療業界は厚生労働省が管轄しているのですが、国は材料を指定してきます。
    まず、高価な材料は認めてくれません。インプラントは良い治療方法でも保険の範囲ではないことを考えて下さい。
    それから、いくら時間をかけて丁寧に行った根管治療も、5分しかかけなかった治療も保険では同じ報酬です。これでは歯科医師はやる気力さえ失います。
  • 4)診療時間
  • 通常、日本の歯科医師は1時間に3名程度の患者様を診療すると言われています。1日8時間労働だとすると、1日に約24名の患者様を診療することになります。欧米の歯内療法専門医の根管治療の予約時間は1時間〜1時間半と言われれいます。
    もし、30分で根管治療を終えようとしたら、どのようなことになるのか?想像して下さい。
    まず、チェアにお座り頂いて治療の説明をして麻酔の注射をします(5分)。ラバーダム装着(5分)。仮封除去(5分)。正味15分しか時間がないし、術後の患者様への説明に5分はかかりますので到底、根管治療をする時間的余裕などありません。
  • 5)土台作りでの感染
  • 根管治療後、日本では金属の土台を歯に装着し、その後クラウンを被せる処置をしますが、金属を作る土台を技工士が作る間に根管内に感染を起こしてしまうケースが多々あります。
    感染を起こさないためには根管治療が終了した時点で出来るだけ早期に口腔内でファイバーポストを使いコンポジットレジンで土台を製作することをお勧めします。
PAGETOP
Copyright © 千葉県千葉市のインプラント治療[吉川歯科医院] All Rights Reserved.